IT用語辞典をひくと「プログラマー」とは、プログラミング用語を使ってソフトウェアを目的に合うような状態に保つ人とあります。SEなどが決めた仕様に従い、プログラミング用語を使ってソフトウェアの設計図となるソースコードを作成しています。

さらにコンピュターが実際に実行できる形式(オブジェクトコード)に変換するソフトウェアなどのツールを使って実際に実行させ、不具合をみたり探したりしています。そして見つかった不具合を取り除くソースコードの修正をする作業も行っています。

機械に仕事をさせるための指示が自動的に出来上がり、そのまま動作を実行してくれるような、ツールやソフトが出てこない限りプロブラマーの仕事がなくなるということはないそうです。しかし日々すごい勢いで発達していっているこの業界、こういう「専用のツールやソフトはすでにあるのでは?」という気がします。

これはプログラマーとしての技術がさほどなくても、プログラミングができる人にはできてしまうということでもあります。例えばアプリケーション開発のソフトである「.NET」
系の開発などがあります。これにより環境の合理化が進めばプログラマーとして、やりやすくなります。

しかしやりやすくなるということは、ずっと長年やっている人件費の高い人を雇うより、若手の人件費の安い人間を雇う方がよいということにも繋がります。長年プログラマーをやってきて経験を積んでいくに従い、IT業界での生き残りは厳しいということです。

そしてちょっと前までは技術力のある人を集めて使うというスタイルから、企業がプログラマーを育てるという意識に変わっていきます。

「プログラミング」をするだけでは、雇用者側になんのメリットもありませんが、“プログラミングもするけれど、○○もします。”的な付加価値が必要となってきます。例えば「プログラム設計をするシステムエンジニア」だとか。

さらに将来性をあげてゆくには、プログラマーやSEを束ねるプロジェクトマネジメントができるようになると、IT業界での位置も変わってくることは確かです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です